Take it easy! yukky's blog

live a today! 今を楽しんで生きよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

館中学校 吹奏楽部コンサート


館中学校の吹奏楽部の皆さんが、がんばろう宮城ミニコンサートを行いました。
中学校は目の前にあるので、きれいな音色が家の中まで聞こえてきましたが、やはり音に誘われ見に行ってきました。
音楽は、やはり胸にぐっときますね。
♪上を向いてあるこう
上を向いても涙がこぼれてしまいました…
余震が続いても不安になるし、逆に余震が無さ過ぎても、またドカンと来るのかな…と更に不安。そんな生活の中で、吹奏楽はとても温かい音色で、癒やしてくれました。中学生の皆さん、ありがとう!
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

はじめの一歩





我が家の男子2人は、昨日、入学式、入園式を無事迎え、今日から、学校、幼稚園に行きました。はじめの一歩のスタートです。
一歩づつ、コツコツと、成長という道を歩きはじめました。
まだ余震が続き、不安な日々を過ごしていますが、子供達の笑顔が、パワーの源になってます。
はじめの一歩。
子供達の未来の為に、私も頑張っぺ!
未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |

唐桑町 御崎・宿浦~舞根

私が、一番見たくなかった地域です・・・唐桑町には中学1年生になる頃に引っ越しました。
小学校から、陸上をやっていたので、唐桑中学校には陸上部が無いので、その当時は、学区変更の制度が無かったため、気仙沼の福美町にある祖母の家に住所を置いて、気仙沼中学校に通っていました。
といっても、私は、大して足が速かったわけでも無く・・・大会で輝かしい記録を残したわけでもなく・・・
小さい頃からの友達と離れたくない、転校というものに対して、臆病だったんですね。
しかしながら、学校は違っても、唐桑の友達はいっぱいできました。
最初は、みんな、よそ者を見る目で・・・『あの人、気中の○○だよね・・』みたいな変な空気でしたが・・・
夜中中、遊びまわり、時には、カッターボートを拝借して、九九鳴き浜まで行って見たり・・
バイクに乗って、御崎の観光港で集まったり。そんな思い出の地は・・

御崎観光港から、大島が見えますが、大島の形が変わっています・・・

20110404161626.jpg


↓私の実家。残っていたのは、工場の屋根が2~3軒上のほうに・・・
看板が残っていたので、何とか分かりました。
うちがあった場所は、基礎と、何故か便器だけはしっかりくっついていました。
瓦礫の最終地点は、佐藤医院前位。
宿浦にあった、変電所も形はありますが、ボロボロ。
電気復旧には、相当かかりそうです・・・


20110407110006.jpg


宿浦の漁港前、相田や、唐桑タクシー、も基礎しかありません。

20110404161630.jpg

早馬神社方向

20110404162018.jpg

漁港にあった、トイレ。漁協の倉庫の姿は無く、埋め立て部分は崩落、海面になっています。

20110404161628.jpg

↓大原造船を曲がった辺り。浦地区。俗に言う『こっち舞根』です。

20110404162025.jpg

↓『あっち舞根』 畠山さんが営む、牡蠣養殖場『水山』がある所。
この位置から、海が見えるのがありえない。

20110404162023.jpg

↓舞根峠気仙沼方面に向かう直線。
両側には、集落がありましたが、何一つありません・・・

20110404162020.jpg

寸断された道路は、土を盛って応急措置してあったので、舞根峠を通って気仙沼には通行可能になっていました。
瓦礫の撤去作業は・・・何一つ手付かずでした。もちろん、自衛隊の姿もありません。
気仙沼市内が、まだまだ手付かずの所が多いので、この辺はまだなのでしょう・・・
実家の敷地で、思い出の物を探してはみましたが、足場が悪すぎて、入っていけなかったです。
電柱は根こそぎ倒れ、ガラスが散乱し、何から何までが折り重なった状態でした。
母達が、津波の数日後に見つけたのは、タンス、手回り工具。
アルバムも、着物も、ウェディングドレスも流されちゃった・・・と言ってました。
この地にたって、思ったことは、こんな被害があったのに、海は、いつもの海なんです。
いつも以上に、穏やかな凪なんです。
恐ろしい天災。
何もかもを、流してしまった海は、何も無かったように、太陽の光を反射させ、キラキラしていました。
誰も恨むことができない・・悔しさ、もどかしさでいっぱいでした。
でも、現地の皆さんは、前に向かって歩き始めています。
私の幼馴染は、悲しんでるあいだに、もう、まわりは動き始めていて賃貸物件も埋まってしまい、住む家を探すのに遅れを取ってしまったと言ってました。彼女も自ら被災しながらも、会社に出て働き始めています。
だから、私は、もうこのような、悲惨な写真は、もう掲載しません。
次に掲載する、気仙沼の写真は、もっともっと片付いて、復興に向けて、前進した故郷の写真を載せたいと思っています。
これからも、私ができる事を見つけながら、気仙沼にエールをおくり続けます。







未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

鹿折地区

南駅前は、クレヨンから仲町方面立ち入り禁止でした。
大川の橋から、幸町方面も通行禁止だったので、化粧坂を通り、市役所前から、魚町一丁目に入ったら、また、見慣れた街並みはありませんでした。
魚町1.2.丁目までは通れましたが、おしんめさん(五十鈴神社)手前から通行禁止。
この字岸壁前には、3~4隻の大型漁船があり、通行不可能。
漁船が津波の勢いで、ホテル望洋がある上の道路の下り部分を破壊したようです。


鹿折駅前辺り↓真っ黒に焼けた漁船が道をふさいでいます。
この辺に住んでいた、友達は津波に足をさらわれながらも、蔵底の奥のほうまで走って逃げたそうです。

20110404161621.jpg

リバーサイド春ぽ園の通りです。
波板橋を超えて漁船が鹿折川にきていました。
かもめ通りの方を見たら、まだ水が引いていない所もあり、通行禁止でした。

20110404161624.jpg

↓波板橋の上から、気仙沼湾方向。この場所から、ヤヨイの工場が見えるのが、ありえません・・・
波板地区は、川沿いは壊滅、お地蔵さんを過ぎた、やまじゅう産業まで浸水していました。
本当に、ありえません・・・
やまじゅうさんの辺りの方は、川沿いは既に津波が来ていて、鹿折中学校に避難できないので、訓練校のあのきつい登り坂を必死に走って高台に避難したそうです。

20110405182824.jpg


小学校6年まで、住んでいた魚町、遊びまわっていた鹿折は、見る影もなくなっていました・・・





未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

気仙沼の画像 小泉海岸、内の脇

昨日、気仙沼に行ってきました。覚悟はしていましたが、実際この目で見ると、想像以上の光景で、言葉を失いました。
小泉海岸↓ シーサイドパレスの建物が海の中にありました。以前は海岸の手前に建物がありました。
この先、志津川方面への道は寸断されていました。
20110404154647.jpg

内の脇地区↓瓦礫は火災により、焼け野原。大きいタンクのようなものが転がっていました。
所々、海水が残っていて、水溜りになっていました。

20110404154653.jpg

内の脇の踏切があった場所辺りから、南気仙沼駅方向↓左端に映っているのが、吉田ビル。

20110404154651.jpg
 



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

物資を届けて貰いました2

昨日、姉が気仙沼に行きました。
コーセー化粧品仙台支店からも、雪肌粋お泊まりスキンケアセット500人分支援して頂き、鹿折のローソンに120人分、唐桑地域の避難所に残りを届けました。
また、モトクロスを通じて知り合ったAさんも、ご自身も被災されてるのに、物資を鹿折まで届けて下さいました。
気仙沼の復旧は、少しずつだけど、まだまだ手付かずの所が多かったと言ってました。
避難所にいる方も、復旧作業にあたってる、自衛隊はじめ、市民の皆さんも、疲れが出てきてると思います。
何卒、お体には気を付けて頂きたいと、切に願います。
未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

気仙沼ジャスコの情報

気仙沼に帰省した友達より。
ジャスコの屋上で 『青空市』をやっているとの事。
野菜等を売ってるそうです。
開店から、商品が無くなり次第終了。
少しずつ、食料品等、買い物出来る所が出てきましたね。
いとこの話だと、ドラッグストア、しまむらも、買い物出来るようになってきたとの事です。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

物資を届けてもらいました

3月27と30日に、ママ友達のネットワークで、お寄せ頂いた、子供服、靴、帽子、メンズ、レディース等を気仙沼市に向かう車に積んで届けて貰いました。
避難所では、全ての支援物資は、新品、未使用のものしか受け入れて貰えない為、私の元に届いた、いわゆる『お下がり』は、一瞬行き場を無くした状態でした。
しかし、色々調べ、また、唐桑に住む兄の情報で、気仙沼市鹿折のローソンでボランティア活動をしている方の元で受け入れて貰えました。
特に子供は、何着あっても足りない位、洋服を汚してしまうもの…うちの3人の子供達もそうです。洗濯もできずに困ってる親御さんは沢山いると思います。
梱包するまえに、洋服の状態を確認しましたが、ママ友の皆さんからお寄せ頂いた物は全て、洗濯クリーニング済みの物ばかりでした。なので、お下がりでも良いという方のお役に立てればと思います。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。