Take it easy! yukky's blog

live a today! 今を楽しんで生きよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

東北高校野球部のみんな

今日の朝、娘を習字に送る時に、東北高校の野球部の皆さんが、道路の掃除をしていました。
甲子園から帰ってきて間もないのに、みんな、大きな声で、道行く人、車を運転している人にまで
『おはようございます!』と挨拶をしながら。
館地区のメイン通りを移動しながら活動していました。
その姿を見て、ホントに、素晴らしいと思いました。
野球部員達は、日ごろから、清掃活動をしています。
今、このような状況だから、やり始めたんじゃなく、春夏秋冬通して、ボランティア活動をしています。
震災翌日から、給水所の手伝い、車の誘導、信号機の無い横断歩道に立って、歩行者の誘導。
お年寄りが重い水タンクを運んでいると、手を貸して・・・
ホントに、素晴らしい高校生達です。
同じ館に住んでいて、誇りに思います。
夏の甲子園に向けて、頑張って欲しい。
これからも、応援して行きたいと思います。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

気仙沼の情報

昨日従姉からメールがきて、ガソリンスタンドが次第に開いてきたとの事。タイミングによっては、並ばなくても給油できる場合もあるようです。給油可能なスタンドは 宇佐美と松川のシェル 階上。また 唐桑宿浦の須藤石油でも開店の準備をしているようです。

また 買い物できる店も、マイヤ、デイリーポート、古町の片浜や 等、増えて来てるようです。
そして、松岩に実家がある友達に聞いた所、支援物資を 個々の自宅で避難してる方に 届けてくれていると言う情報もありました。
ただ、まだまだ細かい所まで 物資が届いていないとの声も聞きます。
唐桑小鯖に住む友達の実家では、親戚回りの方と共同生活していて、畑の野菜を収穫し、あるものを考えながら、食事をとっているそうです。
唐桑はまだ電気も水道も、プロバンスが使える所では、残量をきにしながらの生活が続いているようです。
一部の避難所 集会所では、携帯の充電ができる所もあるようなので、以前よりは、連絡が途絶えるという事は少なくなりつつあると思います。
しかし…ソフトバンクもっと頑張って欲しいです。ソフトバンク全然繋がらないです…
未分類 | コメント:0 |

『あしたからは』

昨日は、息子の卒園式でした。このような状況の中の卒園式…それでも子供達は元気で明るく、一年生になる事にワクワクしながら、立派に卒園証書を受け取っていました。
唐桑の父母と兄に、被災から2週間を経て、やっと会えました。電話で無事を確認しても、やはり顔を見るまでは、安心できなくて…でも、少しやつれてたけど、生きててくれたってやっと実感できました。
卒園式で、子供達が歌った歌。
『あしたからは』
明日からは、新しい服で新しい仲間と 胸をはって歩いて行こう。
困った時は、この空を見上げて。
この仲間達の事を思い出そう。
あぁ 今日でさよならだけど また どこかで きっと 会おうね。
あぁ 今日で さよならだから 一番の笑顔で さよなら。

この歌を聞いて、一緒に行った、母が涙を流し、娘に言ってました。
『この歌は、ばあちゃん達への応援歌みたいだね、お家も何も無くなったけど、孫達がまた遊びに来れるように、明日からもこれからも、ばあちゃん達頑張るからね』
ビデオを撮りながら、私も号泣でした。

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

九条地区の情報

今朝、九条の叔母から電話がありました。
九条小学校に、ソフトバンクの車がきたけれど、まだまだ電波が安定してないようで
つながらず、結局公衆電話から連絡がきました。
地震から2週間が経ち、疲労もたまってるようで、血圧が高くなって調子悪いけど
病院に行くにも、避難所の救護室に行くにも、歩きなので、しんどいとのこと。
自宅で寝れるのが、唯一の救いだと言ってました。
知人の話だと、昨日、ローリー車が気仙沼に入ったようなので、ガソリンの供給が安定していくことを
切に願います。
また、情報があったら、アップします。

今日は、娘の小学校の終了式、姪の卒業式です。
登校させるにも、地震の恐怖がよみがえり、近所のお友達でまとまって登校させました。
ボランティアの、まもライダーさん達も、いつもより早く立っていてくれて、子供達の安全を見ていてくれます。
年配の方々が、地域の子供達のために支えてくれていることに、感謝の気持ちでいっぱいです。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

気仙沼、唐桑の情報

今日は、同級生からのメールがありました。
気仙沼市太田は、電気、水道が使えないとの事。
電柱も何本も倒れていて、復旧はまだまだかも・・・とのこと。

滝の入は、電気、水道が使えるけど、ガス復旧の見通しは立っていない。
大島に勤めていた友達とも、連絡がとれて、無事を確認。
情報源が無いため、買い物のできる店の情報を、仙台からメールで伝えているそうです。

また、古町の片浜やスーパー、バイパスのマイヤで買い物できるそうですが、品薄状態との事。
燃料が不足しているので、近隣以外の方は、買い物したくても出れない状況。
また、年配の方々が集まって非難している場合、歩いて出かけるのも大変だそうです。


唐桑地区は、避難所以外で生活している人に、物資がなかなか届かないので、老人が多い集会所や自宅では
大変との事。電気も通っていないので、乾電池、ランタン等の灯りが欲しい。
また、病院に行きたくても、食料を調達したくても、燃料不足の為、できない、大変困っている。
気仙沼~唐桑間のバスを出して欲しい。
気仙沼と言っても唐桑は半島になっているので、気仙沼市内まで車で移動するしか手段がありません。
臨時のバスや、ジャンボタクシー等の手配を、行政の方にお願いしたいものです。
また、電気が復旧してないので、携帯の電波はかなり弱い。au、ドコモは場所によっては電波が入るが、ソフトバンクが全く使えないので、何とかして欲しい・・・
との情報がありました。
やはり、唐桑地区の細かい所までは、物資や支援が行き届いてない現状のようです。
今日のテレビでも、唐桑地区に触れていたのは、NHKだけでした・・・

仙台では、電気、水道の供給が落ち着いてきて、ガス復旧ももう少しみたいですが、我が家では未だガスは使えていません。
ガソリンスタンドは、未だに長蛇の列で渋滞。
スーパーも不定期で何が入荷するか分からない状態で、何時間並んで10品しか買えなかったという人も多いです。物流が落ち着かない限り、被災地の方の希望する物を、確保して届けることができません。
もどかしさで、いっぱいです。

避難生活をしている友達から、お風呂も入ってないし、顔も手も水で洗い流しているだけで、乾燥して肌がガサガサ・・・手も、あかぎれしてて、何でもいいからスキンケアが欲しいと・・・
私は、以前化粧品会社に勤めていたので、思い切って当時の上司に連絡しました。
そしたら、どのくらいの量を送れるかわからないけどとの事でしたが、快くスキンケアサンプルの支援をしていただけることになりました。
25日に、KOSE化粧品の北陸金沢支店から荷物が届く予定です。
ゆうパックが、気仙沼郵便局留めで発送可能のようなので、
準備が整ったら送ろうと思います。
また、株式会社コーセーに問い合わせた所
このようなメールをいただきました。

震災の被災者の皆様へのお見舞いと支援について」

このたびの東日本大震災により被害を受けられた皆様に対し、謹んでお見舞いを
申し上げます。
また被災地の皆様の生活が少しでも早く復旧されることを お祈り申し上げます。

弊社では、被災者の皆様にお役立ていただけるよう、下記のとおり支援を行うこ
とといたしましたのでお知らせします。



1.義援金   1億円

  2.支援物資

    被災者のニーズを考慮し、お顔や身体を清潔に保ち、快適に過ごしてい
ただける
    ような商品(計30万個)を提供します。

    (内訳)  ボディシート(徳用及び携帯用)  計15万個
          フェイシャルシート(徳用及び携帯用)  計10万個  
         リップクリーム   5万個

避難所生活で、疲労もたまり・・・鏡を見たときの自分の顔がしわしわだったと友達のメールに書いてありました。
男性が、ヒゲを剃りたいと思うのと同じで、女性も、お肌のことは気になるものです。
顔を洗った後に、スキンケアを使って、ほんの少しでも、スッキリして、ホッとできる時間を過ごしてもらえたらいいな・・・と思いながら・・・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

電気復旧地区

古町、水梨のほうは、電気が開通したようです。
ドコモもかなりつながるようになりました。
鹿折のセブンイレブン辺りから、母のソフトバンクから連絡あり。
しかし、唐桑地区はまだまだ圏外のようで、避難所からの連絡は、衛星電話からしかかけられないとのことです。
また、知人が気仙沼小学校?で自衛隊のお風呂ができて、11日ぶりでお風呂に入り、スッキリしたとの事。
お風呂に入った瞬間は、ほんの少しだけど、笑顔になれたとのこと。

ほんの少しの笑顔が、思いっきりの笑顔になれる日が、きっとやってくる!
私にできることは何があるのか?
日を追うごとに、そう思うのでした・・・
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

盛岡から気仙沼入りした親戚の情報

盛岡から気仙沼に向かった親戚からの情報です。

普段は、陸前高田から気仙沼に行くのですが、道路が遮断されていたので、矢作~上鹿折経由で気仙沼に入った。
バイパスに出ると、目を背けたくなるくらいの焼け野原。
300tクラスの大型漁船が道の真ん中にあり、想像を絶する光景だった。
自衛隊、警察、消防が県外からもいっぱい来ていて、復旧にあたっていた。
自宅に戻っている方たちは、燃料も無く、食料調達が困難な方もいるので、自分の家族だけではなく、ご近所さんの分も、盛岡でたっぷり調達し、置いてきました。
みんな、よろこんで、納豆を見て歓声をあげていたそうです。
放火、窃盗が多く、治安の悪化が心配されている。
市内の町並みは、もう・・・故郷気仙沼じゃなくなっていました。
でも、みんな必死に頑張っている。
今を乗り越えれば、きっときっと明るい未来が来る。
被災者の方と会い、そんな気持ちになりました。


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

気仙沼市唐桑公民館 避難所

私の兄が、唐桑町役場の裏の公民館に避難しています。衛星電話が設置されたようで、電話連絡がきました。
しかしながら 唐桑町はまだ携帯が繋がりにくいようで とくに ソフトバンクは全く駄目です。
頻繁に電話のやり取りはできませんが、ちょくちょく電話するとの事なので、公民館に避難してる方からの連絡は次第に入ると思います。
また、旦那の実家 気仙沼市古町辺りは、ドコモは繋がるようです。
友達の実家 滝の入も比較的被害は無いとの事。田中前の友達は一階が浸水したけど二階で生活してるとの事。唐桑町小鯖?(三浦商店辺り)の友達の家族も 大丈夫と連絡が入ったそうです。

未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

東日本大震災 気仙沼唐桑について

東日本大震災。
思いもよらぬ 地震、津波、火災…
私の地元 気仙沼地方は あの素晴らしい港町の景色、内湾の隅にたたずむ浮見堂、どこか昭和な香りが漂う街並み…
帰省するたびに癒されていた大好きな気仙沼が一瞬にして津波に襲われてしまいました。
地震当日の夜、旦那の家族の無事をそして、4日目にして、横浜のいとこを通じて 私の両親兄の無事を確認。私の実家唐桑町宿浦の自宅、整備工場はもう何もかもが無くなってしまいました。でも生きていてくれただけでいい。親戚、同級生友達ご近所、知人の無事も、ようやく連絡が入ってきております。しかしながら、まだまだ、安否確認とれてない方も大勢います。
通信手段が全く閉ざされやっと電気が開通し、パソコンを開くと全国の方々が、ネットを通じ 情報を流して頂いてるのを見て 色々な情報を得られて、とても助かりました。
私の自宅仙台市泉区は,ようやく水が出始めました。じじ、ばばの無事を確認してからは子供達に笑顔ももどりました。
燃料不足で、すぐに現地に行く事が出来ず、憤りを感じていますが、私自身、暗く落ち込んでる場合じゃないと思い、ブログ再開しました。
無力な私に何ができるか、自問自答しながら…
昨日、幼なじみからやっとメールが来て『実家も自宅も無くなったけど大丈夫!気仙沼は復旧に向けて動き始めました!心配すんすなよ!あんだ、泣いてばりいるでしょ、泣いでる暇あったら子供達の洋服、筆記用具だの、折り紙ぬりえだの、とにかく子供達の物があったらたすかる、!お下がりで充分だがらね!避難所でじっとしているのがかわいそう、何か子供達の為にお願い!あだし達大人の分は後でいいがら、そっちの生活第一に余裕ができたらお願い』と…。被災してるのにその力強い言葉に、また涙が止まらない私でした。
私自身、10歳、6歳、4歳の子供がいるので、同じ子を持つ親として、いてもたってもいられなくなりました。今、被害の少ない近所のママさんたちに協力してもらい、また、姉の友達、職場の同僚の方々にお願いして、洋服、靴、長靴等集めてもらっています。
私自身、子供がいるので、今すぐ急行することはできませんが、現地に向かう友達、知人の方にお願いして、必ず届けようと思っております。小さな小さな支援かもしれません。ですが、力になりたい。
生まれ育った町、気仙沼そして、被害に遭われた多くの地域の復興を願って。

皆様共有できる、確かな情報等ございましたら、コメント欄にて提供お願いします。続く…
未分類 | コメント:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。